混雑

アンパンマンミュージアム 混雑〜5

 小さな子どもから大人までが楽しめる「横浜アンパンマンミュージアム」。場所は、みなとみらい線「新高島駅」から徒歩約7分。2番出口から地上へ出て、みなとみらい大通りをランドマークタワー方面へと進みます。スーパーオートバックスを過ぎ、2つめの信号(サンウェーブのショールームあり)を右折してすぐです。

 インタビューを受けていたやなせたかし先生が「たくさんの人が来過ぎても困るし、来なくても困る(笑)。ほどよく来てもらえれば」とおっしゃっていました。オープン後は、たいへんな混雑でした。小さな子どもさんからは目を離さずに。また、順番を守ってみんなが楽しめるよう、大人が配慮してあげてた方がいいと思います。

 アンパンマンミュージアムオープンの10時目指すか10時過ぎだと2時間、3時間待ち当たり前という感じで混雑して、並んでるだけで大変なので、9時前の到着を目指す事をオススメします。ショッピングモールは大変な混雑で、何をするにもならばなくてはいけないので、きっとアンパンマンミュージアムを目指したものの並ぶの嫌で変更した人多数と思われます。ばいきんまんすたじおでDVDをつくったりしたい方は予約することをオススメします。たくさんの人が断られてました。

 アンパンマンサロンで髪を切ってもらおうとしたら一番早くて2時間後と言われた人もいたそうです。料金は、4200円。子供の大好きなアンパンマンに乗ってDVD見ながらカットしてもらえます。

混雑

アンパンマンミュージアム 混雑〜4

 横浜アンパンマンミュージアム の 駐車場は、アンパンマンミュージアムがオープンしたころから、かなり混雑しています。横浜アンパンマンこどもミュージアムから1ブロック離れた路上で、警備員が看板を立てて誘導しています。

 アンパンマンミュージアムまで200メートル以上並んで1時間以上は待っていたという方もいます。アンパンマンミュージアムのゲートでもさらに待たなければならないので、特に休日はアンパンマンミュージアムの駐車場は避けた方がいいかもしれません。

 みなとみらい地区には、かなりの規模の駐車場があります。横浜アンパンマンこどもミュージアムから歩いて5分ほどのところにあるランドマークタワー地下のランドマーク駐車場を使うといいようです。ここは満車になることもなくすんなり駐車できるようです。

 駐車場料金を払っても大丈夫という方は、近隣の駐車場に駐車して、
アンパンマンミュージアムに遊びに行くのがオススメです。横浜アンパンマンミュージアムの入場ゲートの混雑はあるようなので、土日は早い時間に行く方がいいと思います。

混雑

アンパンマンミュージアム 混雑〜

横浜アンパンマンミュージアムには入場口が2通りあります。1つは、アンパンマンミュージアムの入り口で、もう一つはショップの入り口になっています。

 横浜アンパンマンミュージアムのオープン当初は入場ゲートの混雑がすごくて、最低2時間くらい並ばなければなりませんでした。来場者が多いときは、通路いっぱいに人が並びます。ただ、オープンしばらくたった今では、1時間弱並べば入れる程度に混雑状況が改善してきています。ただ、横浜アンパンマンミュージアムに来場する時間によっても、並ぶ時間は変わってきますので、注意したほうがよいです。

やっぱり、お昼前から2時間ほどは人が多いみたいです。その時間前か、午後3時ころなら、待ち時間も少なくて済みます。しかし、アンパンマンミュージアムでじっくり遊びたいなら開場時間に行った方がいいかもしれません。また、駐車場は今でもかなり混雑していますから、みなとみらい地区にある別の駐車場を利用した方がいいようです。

 お腹がすいたら、いろいろなお店があります。「アンパンマンキッチン」は84席のファミリーレストラン。お昼前から混むので入店するなら混雑するので早めがいいです。焼きたてパンの香りに誘われた「ジャムおじさんのパン工場」はすでに行列だし、「アンパンマンキッチン」も大入り…ということが多いです。

混雑

アンパンマンミュージアム 混雑〜2

 横浜のアンパンマンミュージアムは、たくさんの笑顔がはじけ、訪れた人みんなが楽しくなる仕掛けがいっぱいです。参加・体験型のアンパンマンミュージアム・エリアは、子どもたちが体を動かしてアンパンマンの世界でおもいっきり遊べます。

 21店舗のショッピングモール・エリアは、キャラクターにちなんだ食品やグッズ、サービスが満載の商店街です。。アンパンマン広場ではダンスやコンサートなどさまざまなイベントも開催しています。ミュージアム・エリアの混雑状況もあわせてHPをチェックして出かけたほうがいいようです。

 アンパンマンミュージアム「たいけんジオラマ」は混雑し、行列ができていることもあります。それは「アンパンマンごう」に乗車するためです。しかし並んでも小さい子供達は、じっと待てるわけもなく、並ぶのが大変です。乗車時間は1分少々です。

 2階「ふれあいタウン」のなかでも「キッズルーム」は乳幼児にちょうどよい遊び場です。アンパンマンの歌と映像にあわせて、スタッフのおねえさんと一緒に踊れます。ほかに靴を脱いで遊べるスペースには小さなすべり台や乳児好みのおもちゃなどもあります。近くに「ベビールーム」もあるから何かと安心です。高知県にある「アンパンマンミュージアム」の紹介では、やなせたかし先生の描いた大きな絵も見られます。

混雑

アンパンマンミュージアム 混雑〜1

 横浜のアンパンマンミュージアム2007年4月20日にオープンした『それいけ!アンパンマン』をテーマにした首都圏初の複合施設です。参加・体験型のミュージアム・エリアは、子どもたちが体を動かしてアンパンマンの世界でおもいっきり遊べます。

 21店舗のショッピングモール・エリアは、キャラクターにちなんだ食品やグッズ、サービスが満載の商店街です。たくさんの笑顔がはじけ、訪れた人みんなが楽しくなる仕掛けがいっぱいです。アンパンマン広場ではダンスやコンサートなどさまざまなイベントも開催しています。アンパンマンミュージアム・エリアの混雑状況もあわせてHPをチェックして出かけた方が良いです。

 横浜のアンパンマンミュージアムは、オープン時は、ちびっ子連れに大人気で平日でも入場制限、行列、混雑は当たり前だということだったようです。混雑の状況は、事前にチェックしておいた方がいいようです。それほど、混雑することも無い日もあるようです。

 アンパンマンミュージアム内の3階「はっけんジオラマ」は、子どもの目線の高さに小さな窓がたくさんあって、次々のぞかずにはいられなくなる楽しいコーナーです。平日昼間でも入園前の子どもたちは多いです。興奮して制御不能な子どもたちがたくさんで混雑します。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。