感想

アンパンマンミュージアム 感想

 横浜のアンパンマンミュージアムは、横浜市西区に位置するアンパンマンの参加型ミュージアムとショッピングモールの複合施設です。アンパンマンミュージアムエリアは入館料が必要ですが、ショッピングモールエリアは無料で入場できます。
 
 アンパンマンミュージアムに行ったお母さん達の感想から、何点か挙げてみました。この感想から、初めてアンパンマンミュージアムに行く時に参考になれば…と思います。

 ベビーカー貸し出しは無いです。持参した場合、ミュージアム内には持ち込めないのでミュージアム棟1階チケットカウンター奥のベビーカー置き場を利用した方がよいです。

 コインロッカーは、アンパンマンミュージアム棟1階チケットカウンター奥にあります(ミュージアム入館中のみの利用)。

 食事は、原則としてアンパンマンミュージアム内での飲食不可です(水分補給は1、2階にある給水機を利用)。再入館はできないので飲食時間を考慮して入館した方がいいです。ショッピングモールにはレストランやテイクアウト専門店もあるので安心です。

感想

アンパンマンミュージアム 感想〜5

 横浜のアンパンマンミュージアムは、横浜市西区に位置するアンパンマンの参加型ミュージアムとショッピングモールの複合施設です。アンパンマンミュージアムエリアは入館料が必要ですが、ショッピングモールエリアは無料で入場できます。アンパンマンミュージアムに出かけたお母さんたちの感想を何点かあげてみました。この感想から、行く時の計画も立てられると思います。

 アンパンマン広場の時計台で、アンパンマンが登場する時間(1日3〜4回、20〜30分程度)には握手ができます。アンパンマンミュージアム入口の巨大なアンパンマンにまず驚きながら、入館券を買ってお土産をもらったら、森のゲートをくぐって3階へ案内されます。併設の「やなせたかし劇場」のプログラムに参加するなら時間を見ておいた方が良いというお母さん達の感想が多いです。出口前のアンパンマンミュージアムショップのチェックも忘れずにしましょう。

 3階の扉が開くと大人も思わず「うわーっ」と声を上げてしまうほど、アンパンマンと仲間たちが大集合しています。「なかよしタウン」では、夢中で楽しむわが子をデジタルカメラに収めようと必死になってしまう親(家族)がほとんどです。いっぱい遊んでお腹が空いたら、アンパンマンミュージアムを出るとお店がたくさんです。アンパンマン広場は天井がない中庭で、天気がよければベンチで食事もできます。「ふっくらごはん工場」では、無添加の具だくさんスープやサクサクコロッケなどがあります。

感想

アンパンマンミュージアム 感想〜3

 横浜アンパンマンミュージアムは、2007年4月20日にオープンしました。『それいけ!アンパンマン』をテーマにした首都圏初の複合施設です。参加・体験型のアンパンマンミュージアム・エリアは、子どもたちが体を動かしてアンパンマンの世界でおもいっきり遊べます。

 21店舗のショッピングモール・エリアは、キャラクターにちなんだ食品やグッズ、サービスが満載の商店街です。たくさんの笑顔がはじけ、訪れた人みんなが楽しくなる仕掛けがいっぱいで喜びの感想もおおいはずです。アンパンマン広場ではダンスやコンサートなどさまざまなイベントも開催しています。

 アンパンマンミュージアムの敷地内のベビールームや多目的化粧室、女子トイレ内には、オムツ替え台あります。

 授乳施設やベビールームは、アンパンマンミュージアムに3箇所あります。授乳スペースはカーテンで仕切られた個室になっています。調乳用の給湯スペースやオムツ替えベッドもあり男女で利用できます。こういう点は赤ちゃんのいる家族にはありがたいという感想も多いです。

 また、 雨の日は、アンパンマンミュージアム内は問題ないが、アンパンマン広場には屋根がないので雨具は持参した方がいいという感想もあります。

感想

アンパンマンミュージアム 感想〜2

 横浜アンパンマンミュージアムは、2007年4月20日にオープンしました。『それいけ!アンパンマン』をテーマにした首都圏初の複合施設です。

 参加・体験型のアンパンマンミュージアム・エリアは、子どもたちが体を動かしてアンパンマンの世界でおもいっきり遊べます。21店舗のショッピングモール・エリアは、キャラクターにちなんだ食品やグッズ、サービスが満載の商店街です。

 来た親子の感想は、たくさんの笑顔がはじけ、訪れた人みんなが楽しくなる仕掛けがいっぱい・・・ということです。アンパンマン広場ではダンスやコンサートなどさまざまなイベントも開催です。これらのイベントも子供たちから良い感想が聞けるのではないでしょうか。

 アンパンマンミュージアムの施設内のベビーキープ付トイレは、施設内のトイレにほぼ設置されています。幼児用サイズの洋式トイレもあり。キャラクターがたくさん登場するので、トイレに入るのも楽しいはず。これは親にとってはありがたい・・・との感想も多いようです。

 アンパンマンミュージアム・エリアのイベントなどによる混雑状況もあわせてHPをチェックして出かけるといいです。

感想

アンパンマンミュージアム 感想〜1

  横浜みなとみらいにできたアンパンマンをテーマにしたミュージアムアンパンマンミュージアムで、遊んばせた感想は、小さい子供が、体を使って遊ぶことができていいということです。

 横浜のアンパンマンミュージアム周辺は、アンパンマンをテーマにしたショッピングモールとなっており、パン、コロッケ、おにぎりなどの食べ物、写真スタジオやヘアサロン、洋服などの販売をしています。また、アンパンマンキッチンというレストランもあるります。

 感想としては、アンパンマンミュージアムの館内では飲食ができないので、入場の時刻に気をつけた方がいいです。最寄り駅は、みなとみらい線 新高島駅より 2番出口より 徒歩7分、又は、横浜市営地下鉄高島町駅より2番出口より徒歩7分です。

 車の場合は、首都高横羽線 みなとみらいランプ出口周辺に数箇所有料駐車場があります。横浜のアンパンマンミュージアムは、元日が休業日(その他臨時休業あり)です。アンパンマンミュージアムは、10時から18時まで(入場は17時まで)、ショッピングモールは、10時から20時、アンパンマンキッチンは、10時から21時(ラストオーダー20時)までなので気をつけましょう。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。